☆広島、山口のフラダンス教室のお知らせ、イベントブログです☆
引き続き、まきちゃんレポート。


7月8日最終日

ピピピ 6時半。起床。

私達に残された沖縄満喫時間は、5時間。

今日も、ハードスケジュールです!
眠たい目をこすりながら、車に乗り出発~

本日は、海中道路を渡り、命御庭(ぬちうなー)でパワーを貰い、ぬちまーす工場見学の予定。

紹介が遅くなりましたが、
今回の旅の車は、沖縄らしいスカイブルー。
その名は、ゆいゆいゆいゆいまーる号。(勝手に名付けたりして)

ホテルを出発し、海中道路入口に到着。
海中道路からの眺め最高~。

目が覚めました

右を見ても、左を見ても、前を見ても、空を見ても、全てが絶景~
この景色、芸術です。
そして、ゆいまーる号で、海の上を走る私達、イケてる~(笑)。

島に渡り、迷う事なく命御庭&ぬちまーす工場に到着しました。
早く着いたのでぬちまーす工場が開くまで、パワースポット巡り。

まずは、
三天御座(みてぃんうざ)
天・地・海3つの神様が集まる場所、

そして、先に進むと、

果報バンタ (かふうばんた=幸せ岬とも呼ばれてるそうです。)
この高台から見える景色が、これまた綺麗で、自然の美しさを改めて感じました。

それから、

龍神風道 (りゅうじんふうど)
木々の間から、浜比嘉島、その先には聖なる島、久高島が一直線に見える、神秘的な場所。
ここは、
心と体の健康を得たい人、これから新しい事に挑戦する人、人生をよりパワーアップさせたい人 に最適なスポットだそうで、今の私達に必要な、とても有難い場所でした

命御座で、沢山のパワーを頂き、晴れやかな気持ちで、いざ、ぬちまーす工場へ。

ぬち=命 まーす=塩、と言う意味。
塩が出来るまでの工程を説明して頂き、手作業で最終チェックする作業場を見せてもらいまさした。
まさしく、命の塩 です。

そんな説明をうけて、待ってました!お買い物タイム

店内を物色してると、ふらりチャン、高松あやや、さよチャンがご来店~♪

古謝美佐子さんお勧めのシャンプー等を買い込みルンルンしてると

今度は、大分、福岡チームがご来店~♪

ワァ~オ!みんな考える事一緒なんだね
moblog_c3d53d20.jpg

工場をあとにあたしたちは、伊計島までドライブです。広島では見ることのない景色を堪能~!
伊計島は、海中道路を渡って一番端の島。
さとうきび畑を抜けると、海が広がってて、これまた、ステキ~

芸能人ばりに時間に追われてるあたしたちは、那覇空港へ、ブブーーン!

時間配分バッチリ!
この時点で、10分の余裕を持ち、ゆいまーる号返せます。

車を走らせてると、

たまチャンが、あそこ、城跡なんよ!と教えてくれました。せっかくだし、10分余裕あるって事で、満場一致で城跡まで行く事決定!

かなりの早足で、長~い階段を上り、目の前に広がる景色、素晴らしい

両手、両足を広げ写真を撮らずにはいれない程綺麗な景色で、ここ日本[?]って思う位、異国な空間でした
moblog_8c1f0b46.jpg

この場所が、心地良くて帰りたくない&写真を撮りたい衝動に負け、予定時間をオーバー。ヤバい!

まだ居たかったけど、時間の限界を感じ、またもや早足で駐車場に戻り、出発~。こんなに焦ってる観光客はいないですよ、ほんとに。
※後で調べたら、この城跡は、世界遺産の一つで、中城城跡(なかぐすくじょうあと)と言い、琉球王国時代の記憶を今に伝える城跡だそうです。

急ぎながらも、安全運転してくれた、たまチャンのおかげで、ギリギリでゆいまーる号とお別れ。

無事空港につき、初めての一息。

席に座り、この日初めての食事です。
食べる事より、観光を優先した私達。
途中、お腹はグーグー鳴ってましたが、その分、目一杯観光できました
お腹が満たされたら、睡魔に襲われ爆睡。
リムジンバスに乗ってからも、爆睡で、目覚めた時には、広島駅でした。
本当に、沖縄いってたよねあたしら

この4日間を振り返り、沖縄に行けて本当に良かったな!と思いました
沢山の仲間との輪も広まり、絆が深まり、楽しい時間を過ごせ、刺激をもらい、良い事だらけの4日間でした。
そして、心の中の宝物が、また一つ増えました。



雅子先生、古謝さん、ハウオリーズの皆さん、ルアウ関係者の皆さん、ステキな時間を、ありがとうございました。
そして、これからも、よろしくお願いします。

今度は、広島の皆も一緒に行けたらいいな~

沖縄サイコー!
ハウオリーズ、ばんざ~い!!

カラーまき
スポンサーサイト

【2013/07/25 05:44】 | イベント報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック