☆広島、山口のフラダンス教室のお知らせ、イベントブログです☆
初めて参加する大会で、グループとソロの両方に出場させて頂くことになり、最初はワクワクしながら練習していたのですが、何度練習を重ねても踊りに変化が表れず、生まれるのは自信ではなく焦りばかり。日を追うごとに不安だけがどんどん大きくなっていきました。
そんな、ネガティヴな時期をなんとか乗り越えられたのは、落ち込む私に喝をいれ、根気よく教えてくれたたまちゃんと、練習は裏切らないから頑張れ!と激励してくれた仲間の存在があったからだと思います。
そして、最後の数週間は努力あるのみとひたすら踊り続けました。

本番前日の土曜日。この日は朝早くからスタジオに集まり、二本のレイを編んだのち、バタバタと会場のある岡山へと出発。
無事目的地に着き、18時にホテル前の砂浜に集まると、最後の総踊りが行われました。
お揃いのスマイリーTシャツに身を包んだヘルプ隊のみんなが気分を盛り上げてくれる中、静かに打ち寄せる波や1番星が瞬く空を見つつ、たまちゃんと一緒に踊らせてもらえたときの楽しさといったら、ドキドキや不安が全て飛んでいったように思いました😆

そうしてついに迎えた大会当日。リハーサルで舞台での立ち位置や流れの確認を行いつつ、たまちゃんに最終チェックで背中を直してもらい踊ったところ、今までで一番の出来だったらしく、周りから沢山よかったよー!と声をかけてもらい本番前にとても幸せな気持ちになりました。
じきに全てのリハーサルが終わると、会場にはどんどんチケットを持った人たちが入場し、客席が埋まっていきます。
そして11時半開演。出番が近づくにつれ勿論緊張もしましたが、これまでの練習、たまちゃんからの指導、最後にみんながかけてくれた言葉、毎日積み重ねてきた努力、みんなの笑顔を思い出すことで、程よくリラックスでき、とても良い状態で自分の出番を迎えることが出来ました。
そんな最高の気持ちで立った舞台。そこから見えるまさこ先生と樋口さんのあたたかい笑顔、たまちゃんの優しい眼差し、黄色のスマイリーTシャツ、応援してくれている仲間の姿、全てが私の踊りに力を与えてくれました。幸せいっぱいのステージでした。
この最高の数分間を、このとき感じた感情を私はこの先一生忘れません。本当に素敵な機会を頂いたこと、グループ、ソロと二度あの空間を味わわせて頂けたこと、そして最終的にグループで3位入賞、ソロで優勝させて頂き、とても有難く思います。

そして、今回初めてソロでステージに立つという経験をさせて頂き、一番に感じたのは、何より仲間への感謝の気持ちでした。
いつもみんなが周りにいるからこそ自由に踊れていること、分かっているつもりでしたが、いざ一人の舞台が用意され、一人で練習を重ねていると、グループみんなが与えてくれていた安心感を改めて感じました。

そして、最後まで愛のある厳しい指導で誰よりも強く私の背中を押してくれたたまちゃん。たまちゃんには何度伝えても足りないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございました。

こうやって大会当日までの練習期間を振り返ると、周りの仲間の存在の大きさを感じるとともに、自分自身これほどフラダンスとしっかり向き合う日々を過ごしたのは初めてだということに気づかされました。
今からがスタート、もっともっと自分の目指すフラに近づけられるようこれからも頑張っていきたいと思います。

サタロコ キコでした💖

スポンサーサイト

【2015/05/26 14:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック