☆広島、山口のフラダンス教室のお知らせ、イベントブログです☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからカラー夏実がお届けします‼
いよいよ2部‼
まず、先生が作詞作曲した日本各地を歌う“琉歌”からスタート‼
ステージには各地のメンバーが登場~
沖縄から東京まで全17曲♪♪
あきさん、きみちゃんは広島の歌。
じゅんちゃんは山口の歌。
ステージに上がらなかった広島メンバーは客席から参加‼
頭には紅葉をつけて、“穏やかな海に宮島の~♪♪”
各地の情景が思い浮かぶ歌と歌詞になんだか日本を旅してるみたい~(≧∇≦)
会場が全体があったかい雰囲気に包まれました(*^^*)
それから本編、先生の新しい試み、“ミヤビの舞”。
フラをする中で、改めて見つめ直した日本。日本人として日本の始まりを伝える神話を歌と音楽、踊りで表現する。
いったいどんなことになるんだろう。。
たまちゃんからこんなことするよ‼︎と聞いてからこの日をとっても楽しみにしてました…
ワクワクドキドキ…
ワクワクドキドキ…
暗めの照明、シャリーンシャリーンと鳴り響く鈴の音。そんななか、手作りの超巨大なしめ縄がゆっくり大切にステージに吊るされました。
一気にフラのステージとは違う雰囲気に。会場は静寂に包まれ、空気がピンとはりつめ、聖域に入ったような不思議な感じ…
そして照明は明転し、はじまったのは、日本古事記の神話の世界。
白装束にシキビをまとい、イザナギとイザナミのストーリーから君が代まで。
アマテラスオオミカミの天岩戸の舞では、はい、たまちゃんに後光が差しました‼︎‼︎
奇跡、いや、必然の光‼︎‼︎
広島のメンバー、感激の瞬間‼︎‼︎
そしてそして、ひょうたん隊のみんな~
ひょうたんカッコ良かったよ‼︎‼︎
吉備の冠者、温羅の舞では、中本先生の力強い歌と太鼓の音。
本当にそこに温羅がいるかのような迫力のあるステージでした‼︎
最後は、明治時代に日本に来られたカラーカウア王を歓迎する歌と踊り。
活気ある踊りをいっそう引き立てていたのは、間違いなく我らさおちゃん作成の衣装‼︎とっても素敵~‼︎‼︎
あっと言う間に2部終わりですっ‼︎
3部は沖縄とフラの融合モーラナからスタート‼︎
個人的にモーラナ大好きです♡
歌の内容がこころにすっと入ってくる 。そして素敵な曲に素敵な踊り。。
そして最後は、雅子先生のオリジナル曲+歌+フラの初お披露目(≧∇≦)
先生どこまで進化するんでしょ(^^)
あー楽しかったーーー‼︎
フラってすごいな‼︎
フラを通して日本を大切に思わせてくれる。
フラを通して新しい世界をみせてくれる。
フラを通して自分と向き合うキッカケをくれる。
そして、フラを通して素敵な仲間に出会わせてくれる。
帰りの岡山駅では、行きつけ?のお店で女子会をして、ひとしきりそんな話で盛り上がり、新幹線は爆睡で広島へ戻っまいりました~♪♪
みなさま、フラ、いや、ハウオリーズに出会えて幸せですか??
みんなにハウオリー!!!!
スポンサーサイト

【2016/11/08 11:13】 | きみブログ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。